金融、保険業として人気のあるマンション管理業には、主に管理業務主任者とマンション管理士という二種類の資格があります。それぞれどういった特徴があるのか比較します。
管理業務主任者はマンション管理業者が置くことが義務付けられているため、マンション管理には欠かせない資格となっています。分譲マンションは今後減ることはないと予想されているため、将来性も期待できる資格と言えます。
一方のマンション管理士は、管理組合の運営やマンションの管理に関してアドバイスする専門家として活躍します。マンションの管理組合の運営を円滑にすることを目的としているため、より利用者の側に立った立場の専門資格と言えます。田舎01
双方とも国家資格で受験資格は特に必要なく、誰でも受験することが可能です。学ぶべき内容や活躍の場が類似していることから、同時に資格取得を目指すケースも珍しくありません。試験日も近いので、まとめて取るのも選択肢の一つと言えます。
マンション管理は将来を見据え、長期的に資産価値を守る必要性があります。そのための管理実務には一定の専門知識や専門技術を要するため、このような資格は欠かせないものと言えます。今後のマンション経営を考えた場合、将来的にも安定した資格と言えます。