管理代行って何?

| 未分類 |

マンションを経営すると、オーナーの仕事は多岐にわたり大変です。建物管理では、夏場の除草作業をしたり、定期的にマンション内の設備が正常に作動しているかどうかをチェックする必要があります。しかし、マンションは何人もの方が暮らす集合住宅ですから、一人でやろうと思えば大変な時間と労力を使います。
また、入居管理という仕事もします。入居者を集めるところから出ていく際の手続きまで全てを担います。建物管理は設備に関する専門的知識が要りますし、入居者を入れるには手続き等をしっかり行うだけの勉強をする必要があります。}PgžxQ
そこで役に立つのが管理代行です。もと楽にマンションを経営したいという方は、会社にこれらの業務を委託すると良いです。
例えば、一番厄介な入居者の募集や、賃貸借契約の締結を代わりに行ってくれます。家賃も回収してくれるサービスがあるので、丁度仲介役ということになります。
マンションに関する業務全てを受け持ってくれるサービスもありますが、一部を代行してもらえるものもあるので、そこはオーナーによって選べるのがメリットです。しかし、それに応じて賃料の何%かをその会社に充てなければいけないのはデメリットになります。