サブリースって何?

| 未分類 |

マンション経営において、委託管理をおこなう事業形態で、よく耳にするのがサブリースです。いわゆる又貸し、転貸の意味ですが、一般的には転貸を目的とした、マンションなど不動産の一括借上のことを指している場合が多いようです。
これは、賃貸マンションのオーナーから不動産を管理する会社が、賃貸マンションを借上して、第三者へ転貸する仕組みです。入居者を募集して、マンションを管理し、建物・設備のメンテナンスなどのアフター対応までを、不動産会社が代行します。
マンションのオーナー側のメリットとしては、知識やノウハウが全くない場合でも、不動産会社に一任できますので、マンション経営が可能となります。さらに付随して必要となる管理のための手間や、税務上の手続きなどを簡便にすませることができます。
不動産会社のオプションによっては、家賃保証や空室保証などがあり、オーナーに対しては、空室状況に関わらず家賃収入が保証がされます。オーナーはこれにより安定した家賃収入を確保し、長期の空室などのリスクを避けることができます。
さらにこの場合は、家賃滞納や住人間のトラブルについては、不動産会社が表に出て対応するため、オーナーが直接対応しなくてもよいのがメリットとなります。