マンションを経営したいと思っている方は、どんな仕事が待ち受けているかご存知でしょうか。物件さえ手に入れれば後は簡単だと思っていると後で痛い目に遭うかもしれないので、ここでどんな業務があるのかを把握しておくと便利です。
マンション経営には、4つの管理業務があります。そのうちのひとつ直接管理はオーナーが行う責任がある、委託管理はその名の通り専門の業者に頼んで行う管理です。
また、建物管理は具体的に何をするかというと、マンション内の清掃や、設備がきちんと動いているかの確認作業となります。もし修理が必要な箇所を発見したら、すぐに改善する責任があります。入居者は安心してそのマンションに住んでいるのですから、快適に過ごせるよう気を配ることが大切になってきます。また、マンション内にかかわらず、建物周囲にも気を配るのがオーナーの役目です。夏には除草作業が必要になる可能性もありますし、ゴミ捨て場をチェックすることも住みやすくするコツです。冬景色02
さらに、入居管理は入居者の募集をかけるところもオーナーの業務になります。もちろん退去する時の手続きもオーナーの仕事になるため、契約書などについて勉強する必要があります。大変なら専門の業者に委託することもできますが、その分お金がかかります。