入居者同士のトラブル対策について

| 未分類 |

マンションを経営するなら、オーナーは建物管理と入居管理をする必要があります。建物管理とは、マンション内の清掃および設備チェックが主で、入居者が過ごしやすい空間を保つ仕事です。
また、マンションの中だけではなく、建物周辺の管理も必要ですので、夏場になると除草作業などをするのも管理業務のひとつです。
入居管理もオーナーがするべき仕事です。入居者を集めるところからまた出ていくところまで、全てしっかりと手続きをします。
ただし、この時厄介なのが入居者同士のトラブルです。どちらかが明らかに悪いとわかるようなものなら対策を講じることもできますが、仕方のないことについては解決が非常に難しくなります。
一般的によくある事例としては、隣との壁が薄く、犬の鳴き声がうるさくて眠れないとか、お隣さんが吸うたばこの煙で洗濯物が干しにくいなどといってトラブルです。牧草地01
これらの問題を事前に起こらないようにするためには、マンションの管理規約に基づいて、はっきりと入居条件を作り上げることが重要です。ペットはどんな理由があれ不可にしたり、喫煙できるスペースを決めたり、駐車場の使用規則などを徹底しておくと、後で問題が起こった時に規則違反だと相手にはっきり言うことができます。